ブログトップ

Life is my art

ponponlife.exblog.jp

とんだ勘違い

昨日は父の14回目の命日だった。




夫は仕事で、私はパート翌日のへこたれ日。


洗濯もの干して、多肉ちゃんチェックして、草むしりして、ちょっと休憩。




しばし横になって……私がころんすると必ずそばに来るマザコンごんが来ない。
そういえば家の中に入ってきた時もいなかったような?




起き上がって探したけど……いない。


草むしりの最中は網戸を閉めていたけど、洗濯ものを干している時は開けていたから、脱走?
……してないと思うけどなあ……。




外を探して、また家の中をくまなく探し回る。

いろんな隙間はあるけれど、小さな空間、隠れることができるはずの場所、全て見て……いない。
お風呂や洗濯機の中も見た。
私のアトリエに隙を見て入ったか……いない。

缶詰を開けても出てこない、そしたら家の中ではないなあ。




もう一度外。

呼んでも返事するような子ではないけど、近くにいるか(空き家の低めの塀の上が好きみたい)帰ってくるはずなのに。
恐る恐る道路を見て回って、もう一度、家の中。




その頃には、私はもう相当にパニックになっていたみたい(汗)

「父が連れて行ってしまった」「死に場所を探しに遠くへ消えてしまった」「もう二度と会えない」「庭をパトロールして、写真撮って、抱き上げて足を拭いたのが最後だったなんて!」と自分の中で決めつけてしまって、号泣。

たまたま前日、寝る時に枕に来なくて、お腹こりこりもしてなかった(毎晩の日課)
私は「自分が疲れていてごんの苦しみに気付かなかった」とかもう酷いマイナスの妄想の嵐の中に。

(もうほんとにね、恥ずかしい笑い話です)




探し始めて二時間くらい。
泣き疲れてお岩さんみたいな顔になって放心してるところ。




ミシミシという音。

風が強い日だったから、何度この音に反応したことやら……。




……!!!!!!
……出てきた、私の目の前から、なんのことないいつもの姿で。




たまたま30センチくらい空いたプラスチックケースの引き出しの裏に潜り込んでいた!




もちろん嬉しくてホッとしたけど、その前に呆れて口も聞けず、ありえなかった展開にショック状態。




その後当たり前のように涼しい窓辺でスヤスヤ、なんでしょうねえ(汗)




e0157590_12334311.jpg





毎日大きくなっていた肉腫、少し止まったようだけど、見て分かるくらいぽこりとしている。
本人もさすがに違和感は確実にあるだろう。

追いかけっこねだったり、遊びたがりで、元気だけど、ますます痩せた。




私はパートの日はもうその時間を終えることそのものが精一杯になってるので、家ではバタンキュー。


後悔することなく過ごすための、父からのメッセージなのか。
ちょっとキツかったよ、いや、かなり、ね。




それにしてもここのところの自分の不安定さにも呆れてしまう。
あまりに酷い!
なんだろうね、この感じ!(笑)




ねえごん。
ずっとずっと当たり前にそばにいて欲しいんだよ。
君はあまりに穏やかで、この時間がずっと続くと思ってしまうんだ……。




ごんのことだけではなく、悔いなく生きることができたら、と、いつも思うのに、な。

まずは心掛け、だよね。




e0157590_1252944.jpg







イベントは当分お休みしますが、Creema・iichiでのネット販売再開しておりますので、ぜひよろしくお願い致します!

質問等ございましたら、お気軽に声をお掛け下さい。



Creemaのお店



iichiのお店



☆ 作品の価格は、作品の販売方法・ルート等で変わることがあります。ご了承下さい。

☆ Creemaとiichiで、作品が重複していないので、よかったらふたつともご覧下さいね^-^(時折作品を入れ替えたりしています)
[PR]
by ponpon_f | 2016-08-08 12:57 | 今日葉っぱ猫田島日和 | Comments(0)
<< あたらしいふつう 不安定な初夏、そして。 >>